活動支援金振込先

八千代銀行 瀬谷支店 

普通 口座番号: 493087 

名義: シユウキヨウホウジン ニホンチヤ-チオブゴツドキヨウダン

 

*振り込まれる際は、振込み人名義氏名の前に”シエンキン”とお付けくださると助かります。

 

*教団の教会員の方は、各教会にある封筒にて、各教会ごとに献げてください。

 

東日本大震災支援金の使途について

  皆様から捧げられた支援金は以下の目的のために用いられます。

 

1. 当教団が行う被災地支援

■現地で支援活動を行っている教会・団体のサポート

Church of God が設立したNGO団体 "Operation Compassion" からの莫大な

物資支援の申し出を受け,現在既に支援活動をされているワールドビジョン,アガペーCGN,クラッシュJAPANや,現地教会のネットワークと協力して,物資の受け皿と配送するパイプを構築し,必要な場所に届けたいと願っています。

その他,教団としても上記団体と協力して現地のニーズを把握した上で,短中期的な物資や人的支援の協力を行っていきます。

宮城方面には多くの教会の支援がありますが,得に岩手方面にはまだまだ足りていないとの情報がありますので,そちらの団体と協力したいと考えています。

是非これらの働きの為,皆様のご支援とお祈りをお願いいたします。

2. 被災者・避難者を教会や家庭で受け入れる費用

※以下は2011年4月11日時点での当教団で支援している受け入れ活動です。

■フィリピン人避難民の受け入れ(東京ライトハウスチャーチ)

東京ライトハウスチャーチでは,4階の全室を開放し,被災者を受け入れています。3/18に15名,3/25に15名,合計30名の宮城・福島県からのフィリピン人避難民を受け入れ,一人一人の生活の再建のために祈るとともに,宿泊場所,食事を提供しています。既に,大使館を通じて,母国へ帰国した方,親戚・知人の家へ移動した方,職の斡旋を受けて新たな仕事を見つけた方などがおり,新たな地への旅立ちを教会としてサポートしています。

■イエス純福音郷ヶ丘教会の兄弟姉妹の受け入れ(聖書キリスト教会)

福島県にあるイエス純福音丘郷ヶ丘教会の信徒とご家族35名が被災後,聖書キリスト教(東京都練馬区)に避難しています。当教団からも聖書キリスト教会に物資を届け,非難してきた兄弟姉妹をサポートしています。支援げの感謝とともに,非難された方の中から2名の方が洗礼を受けたという喜ばしい知らせも届いています。

3.キリスト教系の災害支援団体への献金

■Crash Japan(クラッシュ ジャパン)

Crash Japanは,日本,そして世界中のクリスチャンが災害による被害を受けた人達に対して救済,援助活動を通してサポートする為の組織です。東日本大震災においても,現地にスタッフを派遣して,積極的な被災地支援を行っています。

 

■Bridges for Peace Japan(ブリッジス フォー ピース ジャパン)

BFPJでは被災地の教会を支援する働きを開始しました。そのため

① 被災教会の被災状況と祈りの要請を知らせ,祈りの輪を広げる働きを開始。

② 現地の教会が地域支援の拠点となるための支援を開始。

③ イスラエルの医療チームに協力する通訳ボランティアや,慰問ボランティアの他,    刻々と変わる現地ニーズに答える各種ボランティアを派遣しました。


今後は次の方針で被災地支援を行っていきます。

(1) 被災地への霊的(祈りの)支援をハイメール通信*で

(2) 現地教会を拠点とした地域への支援活動

(3) 被災者の霊的ケア(慰問など)

今後も地域への毛細血管(支援が届かない教会   や人々に届く働き)の仕事を継続して行きます。

 

*ハイメール通信登録先

bfpj.chai@bfpj.org に氏名を記入してメールをお送りください。(携帯でもPCでも受信可能です)

 

■Cea Nippon (チア にっぽん)

チアにっぽんでは,現在,地域,各家々を尋ねて本当に必要なものを検討し調達し,現地に行って配布するという草の根の働きで被災地の人を助けています。